2011年09月30日

頭をよぎること

30年を超える団地やマンションでは、居住者の高齢化に伴い、自治会の有り方や自治会費の用途の見直しが行われるケースが多くなっています。

僕の住んでいるマンションでもこれまで業者にまかせていた清掃業務を削減したのに伴い、年数回、マンションの回りのゴミや落ち葉を集めたり、雑草の刈り込みを自治会で行っています。

今年は自治会役員ということもあり、春先から雑草の刈り込み作業に参加。
そんな折、
文部科学省から「埼玉県と千葉県の航空機モニタリングの測定結果」が発表されました。

これは、ヘリコプターを使って、地表面から1mの高さの空間線量率と地表面への放射性セシウムの沈着量を計り、マップ化したもの。
千葉県に関していえば、柏市など北部の地域が他の地域に比べて放射性セシウムに汚染されていることがわかります。

僕の住むあたりの汚染度はあまり高くないようですが、それでも落ち葉を拾ったり、雑草を刈ったりする作業は、あまり気持ちの良いものではありません。

環境省は、福島第1原発事故に伴う放射性物質の除染や汚染がれきの処理にかかる国の負担が2011〜13年度までの3年間で少なくとも1兆数千億円に上るとの見込みを発表。
また、政府は緊急時避難準備区域の解除を決定した。

芝刈り作業後、汗をかいたのでシャワーを浴びましたが、「除染」という言葉が頭をよぎりました。


一通の転居ハガキ (2011.9.1)

posted by カーサ at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

すべて、おとなの都合

小学生の頃、運動会が近づくと校庭をなんども行進させられたり、整列の練習を繰り返しやらさられたりして、そのあまりのしつこさに嫌気がさし、運動会自体を休んだ(ボイコット)ことがありました。

親になると、運動会は子供の成長記録として欠かせない一大行事になるわけですが、子供本人にとっては、ただただわずらわしいだけだったりします。

夏の暑さがぶり返し、気象庁が高温注意情報を出して熱中症の注意を呼びかけているにもかかわらず、運動会練習中の児童が熱中症で倒れたと報じられています。

学校関係者も当然注意はしていたでしょうが、団体行動を強いられている子供たちは、体調に異変が起こり始めても、ぎりぎりまで我慢してしまいがちです。

僕の子供の頃、運動会といえば10月体育の日前後の休日でしたが、授業日数の関係か、先生の都合か、保護者の要望か、理由は良くわかりませんが、いつの頃からか1学期(6月)とか、9月中旬の土曜日になされることが多くなりました。

深夜、早朝から場所取りに並び、プロ顔負けの望遠レンズやビデオムービーの方列が群れをなし、一族郎党を挙げての熱狂ぶりに、教師たちもその期待に応えようと、また、来賓席に陣取るお歴々に努力の成果をしっかりアピールするためにも、学校は予行練習にやたらと力を入れます。
しかし、いまだ残暑厳しいこの時期に炎天下での団体行動は、子供たちに過酷な環境を強いているはず。

運動会をもっと涼しい季節に戻せないものなのか。
これだけ熱中症の危険が叫ばれているのに、「おとなの都合」だけが優先されています。


熱中症対策ロボット(2010.7.27)
posted by カーサ at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月04日

ロボティック・ライフスタイル・ニュースクリップ 2011.8

2011年8月のロボティック・ライフスタイルニュースをまとめて。。。

<ロボティック・カーサ>

・自動掃除ロボット「Smarbo」を発売(東芝ホームアプライアンス)

<ロボティック・カー>

・RoboCar MEV-Cの販売を開始(ZMP)
・インターナビで被災地の浸水情報を提供(本田技研工業)

<ロボティック システム>

・介護支援ロボットRIBA-IIを開発(理研と東海ゴム工業)


NEW商品 ⇒ サービスロボットビジネスの市場動向


ロボティック・ライフスタイル・ニュースクリップ 2011.7(2011.7.29)
posted by カーサ at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボット・ニュースクリップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月01日

一通の転居ハガキ

この夏、一通の転居ハガキが届きました。
差し出し人は、大学の後輩。転居先は沖縄県宜野湾市。

彼とは、大学卒業以来年賀状のやり取りをする程度でしたが、昨年、ロボティック・ドラマを上演した際に数十年振りに再開。誠実で朴訥な人柄は今も変わっていませんでした。

それにしても都内で公務員として働いていた彼がどうして沖縄に転居することになったのか。
早速、連絡してみると、下記のメールが返ってきました。

「早速のご連絡ありがとうございました。
実は、私が役所を辞めて沖縄に転居したのも、原発の放射能から逃れるためでした。
ご存知かと思いますが、私は大学時代から、反原発運動に関わって参りました。
政府は絶対に口に出せないでしょうけれど、今の関東の状況は、決して安全とは言えないと思います。10数年後には、チェルノブイリの立入禁止区域周辺のように、甲状腺癌をはじめとする各種の癌に罹る人が倍増することになると思います。
ヘビースモーカーの私としては、タバコが原因で肺癌になるのでしたら悔いはありませんが、30年以上も反対してきた原発のせいで癌になるのは、悔しくて我慢なりません。
とにかくFUKUSHIMAから出来るだけ遠く、日本語が通じる場所として沖縄を選びました。
今回の地震が起きるまで、沖縄などには全く興味がなく、もちろん訪れたこともありませんでした。
仕事も知人もなく、ゼロからの「第二の人生」を50歳にして踏み出すこととなります。
とりあえず、今年一年は職さがしをせずに、沖縄に馴染むことに費やそうと思っています。どうぞ暖かく見守ってください。
小林さまもくれぐれもお身体を大事になさってください。
それでは、失礼いたします」


死に神に名刺をもらって (2011.3.23)
はっきり言って、東京電力の電気は使いたくないし、電気代も払いたくない。(2011.4.6)
ロボティック・ドラマ 3原則 (2010.4.10)


posted by カーサ at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする