2011年11月30日

ロボティック・ライフスタイル・ニュースクリップ 2011.11

2011年11月のロボティック・ライフスタイルニュースをまとめて。。。


<ロボティック・カーサ>

・音声でエアコン等を操作できるボイスコントローラを発売 (東芝ホームアプライアンス)

<ロボティック・カー>

・「つながるバイク」で協業 (トヨタ自動車とヤマハ発動機)
・東日本大震災でのインターナビ「通行実績情報マップ」で2011年度グッドデザイン大賞を受賞(ホンダ)
・自律行動制御技術を新たに搭載した「新型ASIMO」とASIMOで培った技術を応用した「作業アームロボット」を公開(ホンダ)

<ロボティック システム>

・医療・介護支援のための「パートナーロボット」を開発(トヨタ自動車)


◎イベントレポート 「2011国際ロボット展


ロボティック・ライフスタイル・ニュースクリップ 2011.10(2011.11.2)
posted by カーサ at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボット・ニュースクリップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月24日

ちょっとだけ気になる商品(25)

ロボカーサ・ドットコム内で取り上げるほどではないけど、ちょっとだけ気になる付加価値商品をご紹介します。

DEV-3 (ソニー)

野鳥観察やスポーツ観戦などをしながらフルハイビジョン動画がデジタル記録できる双眼鏡。3D画像も撮れる。
倍率は0.8〜10倍で、オートフォーカス機能、光学式の手ぶれ補正機能も搭載。
被写体から見つかりにくく、フィールドに溶け込むシンプルなデザイン。LEDライトも撮影者のみに見えるよう、本体後方側で点灯する。
ありそうでなかった久しぶりにソニーらしい商品。オープン価格。
監視や警備など業務用デジタル録画双眼鏡(DEV-5K)も販売されている。こちらは210,000円(税込)。


ゴリラ CN-MC01L (パナソニック)

自転車を長距離通勤や旅行で使う人が増えたことから、自転車向けナビゲーションシステムなどが増えてきている。

CN-MC01Lは、衛星利用測位システム(GPS)を使い、走行距離や速度を画面(4.3インチ)に表示。
右左折する際には大きな矢印の点滅と音声ガイドやチャイムで知らせるウインカーガイド機能も。
記録した走行データはグーグルマップなどにアップロードできる。オープン価格。

NV−U97VT(ソニー)

NV−U97VTは、7.0型の大画面の液晶で、道路交通情報通信システム(VICS)情報をFM多重放送で受信できる。英語にも対応する。オープン価格。

<参考> nav-uの項

INOU (キャットアイ)

GPSとカメラを内蔵し、自転車などで移動したコースや景色を記録できる。専用サイトはグーグルマップと連動しており、移動したコースや写真を撮った場所などをインターネット上で公開できる。価格は26,250円。


ちょっとだけ気になる商品(24) (2010.12.3)
posted by カーサ at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとだけ気になる商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

見ている分には面白いからの脱却

先週開催された2011国際ロボット展

開催直前にトヨタの福祉・介護パートナーロボットや本田の新型ASIMOの発表があり、また、原発事故でロボットが取り上げられることが多かったことから、前回よりも来場者が多かったようです。

ロボットは見ている分には、やはり単純に面白いと感じた来場者も大勢いたのではないでしょうか。

会場には、福祉・介護に関わるロボットも多く出展していました。

僕もたずさわった神奈川県主催の福祉・介護に関するセミナーも大変盛況で、介護・福祉分野に参入又は今後参入を考えているメーカーの担当者(製造、医薬、化粧品など)、介護・福祉の施設担当者、自治体の担当者、メディアなど幅広い業種の人たちが参加し、ロボットテクノロジーを介護・福祉の現場でどのように活用し、普及していくためには何が必要なのか、白熱した討論が行われました。

ロボットをどうすれば現場や生活に導入し、普及していくことができるのか。

ロボットが見ている分には面白いから脱却する道筋がほんの少しでも垣間見られたなら、幸いです。


ロボット導入の呼び水となり、さきがけとなるか(20109.16)
神奈川県で、3つ (2011.4.23)
ハードから、ソフトへ(2011.6.8)

ASIMOから10年、未夢からの10年 (2010.10.18)
テクノロジーを用いて大きな問題を解決する (2010.10.15)
ロボットの水平展開 (2010.11.15)
制御ソフトの開発は、複数人で長編の推理小説を書くようなもの(2010.11.19)
ロボットとは、ウォンツを満たす機械システム(2010.11.22)
今年のロボット大賞候補になるより、2013年問題(2011.3.1)
この重大な危機に、ロボットを使わなくて、いつ使うのか。(a>2011.3.16)
ネズミ一匹とならんことを (2011.4.13)
3月11日以前と以後も、ロボット関係者の心のありかたは同じなのか(2011.4.14)


posted by カーサ at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボット・エキシビション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

テイスティング・コメント

以前放送されたバラエティ番組で、ある比較実験が行われていました。

パリと東京で有名画家(ゴッホやムンクなど)の作品を見せ、まずその作品名を尋ねます。するとパリより東京のほうが作品名をはるかに正確に答えます。
次に、その作品の印象を自分の言葉で表現するようと頼むと、東京ではすぐに(老若男女を問わず)言葉が続かなくなるのに対して、パリでは高学歴のビジネスマンから、美術になどまったく関心がありそうもない露天商のおじさんまで、自分の言葉で永延(5分以上)と喋っていました。

ここ数年、山梨・勝沼のワイナリー巡りに出かけ、新酒をテイスティングさせてもらっていますが、今年は甲州ワインの地道な宣伝の成果なのか、はたまた効果的なプロモーション戦略が功を奏したのか、例年より1週早く開催されたワインツーリズムの参加者が激増し、特に若い人が大勢ワイナリーに押し寄せていました。

ワイナリー巡りをするとよーくわかりますが、ワインは作る土地、作る人、作り方よって、色、香り、味にそれぞれ個性がでます。

その個性を自分なりにどう表現(テイスティング・コメント)するか。

「色調は澄んだ琥珀色。香りは洋梨、グレープフルーツとレモングラスのような上品さがあり、口当たりはしなやかの中にも力強さがある」

この程度であれば、まぁなんとか表現できると思いますが、ソムリエのテイスティング・コメントの中には、
「草刈り後の草のような」とか、「濡れた犬」とか、「鼠臭」など、お互いが同じ言葉の意味を知っていなければ伝わらない独特の言い回し表現があり、なかなか一筋縄ではいきません。

とはいえ、ワインを飲んで、単に「おいしい」とか、「いい香り」と言うだけでは、そのワインの本当の良さが一向に伝わらないもどかしさがあります。

なので、無理をしてでもなんとか言葉をひねり出し、香りや味を自分なりに表現することが大切で、そのためには、五感をフル稼働させて、適切な言葉が出るよう訓練する必要があります。

スポーツ選手が試合後のインタビューで、なにを聞かれても、ただ「良かったです」とコメントする姿を見るにつけ、自分の言葉を紡ぎ出すための訓練の大切さをあらためて思います。


B級グルメに踊る (2010.9.22)
ボジョレーより、カツヌマ (2009.11.8)
フランス料理が得意なロボット研究者 (2006.9.11)
posted by カーサ at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

ロボティック・ライフスタイル・ニュースクリップ 2011.10

2011年10月のロボティック・ライフスタイルニュースをまとめて。。。


<ロボティック・カーサ>

・次世代スマートハウスでPaPeRoを活用 (LIXIL)
・家と車の電力融通システムを開発 (トヨタホーム)


<ロボティック・カー>

・最新の安全技術を公開 (日産自動車)


<ロボティック ミッション>

・セグウェイによる通勤実験を開始 (つくば市など)


NEW商品「Smarbo VC−RB100


ロボティック・ライフスタイル・ニュースクリップ 2011.9 (2011.10.3)
posted by カーサ at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボット・ニュースクリップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする