2008年06月12日

不当な「効用」表現がロボット普及の障害になり得る事例

TV通販番組で乗馬型機器「ロデオボーイII」を実際よりも著しく体重を減らす効果があるように紹介したとして、公正取引委員会はテレビ朝日に対して景品表示法違反に当たる恐れがあると警告しました。

機械の不具合でメーカーが機械を回収するというのはありがちですが、機械の「効用」について「優良誤認」があったとして、機械を紹介した「メディア」が警告されるのは珍しいことです。

公取委は「大きな影響力のあるメディアであり、厳しい対応を求めた」としています。

新しい機械であるロボットは、消費者にその効用をわかりやすく説明する必要があります。

そのため、説明時間もじっくり取れ、インフォマーシャル(記事+広告)型なTV通販は、ロボット販売にもっとも適した媒体です。

また、TV通販には家電や美容製品を短時間で何億円も売りまくるカリスマ通販員がおり、ツボにはまれば短期間で大きな売り上げが期待できます。

実際、「ロデオボーイII」のような乗馬型機器や掃除ロボットなどは頻繁に紹介され、売り上げも伸ばしています。

TV通販はもっとも効果的なロボットのプロモーションチャネルとして、今後も活用されていくでしょう。

ただし、過大で不当な「効用」表現がロボット普及の障害になり得る可能性のあることを、今回の公取委の警告は示しています。
posted by カーサ at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボット・アンダーワールド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。