2008年06月19日

背に腹と懐具合と体力に応じて

昨日、今日とロボットベンチャーに新たな動きがありました。

ひとつは福岡、大阪、名古屋、東京のロボットベンチャー4社が提携して、次世代ロボットの市場を創造していこうとする「連盟」の決起集会。

もうひとつは動く情報提供メディアとして独自の「ロボット放送」を展開するという発表会。

上記2つは目指す方向性は違うものの、自分たちの手で「ロボットの新たな市場を創る」という意気込みでは一致しています。

しかし、その「市場」がどのように「創造」されていくのかについて、いまひとつ具体的な姿が見えないことも事実です。

それはロボットベンチャーだけでなく、ロボット業界全体の課題でもあるでしょう。

キラーコンテンツや新技術が登場して、いきなり市場が拡大するということも100%ないとはいえませんが、今のところその兆候も特効薬もありそうもないので、
背に腹は変えられないけれど、「市場は必ず創造される」と信じて、
当面は自分の懐具合と体力に応じてやっていくしかなさそうです。

参考 : 本当に海を越えるのか、ロボットベンチャー (2008.5.2)
posted by カーサ at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。