2008年08月19日

日本のロボットが自ずと目指す先

北京オリンピックでのメダル獲得数は、開催国の中国はもちろん、韓国も日本を上回っています。(8/18現在)

三国は、体操、柔道、卓球など、得意種目がダブルこともあり、また顔も似ているので、ユニフォームや国旗がないとわからなくなることがありますが、競技スタイルはやはり少しずつ違うようです。

あくまで印象の部分もありますが、大雑把に言って、中国は「正確さ」、韓国は「がむしゃらさ」、日本は「美しさ」を追求しているように感じられます。

そして、上記プラス「独自の技術」に磨きをかけた選手が勝者になっているように思います。

今後、中国、韓国、また欧米諸国とロボットで競合するようになると、似たような特徴のロボットが出てくると思いますが、その時、日本が目指すべきは、やはり「美しい」ロボットでしょう。
それはデザイン的な美しさはもちろん、機能面でも独自性が感じられるロボット。

そう考えると、日本のロボットが目指す先は、自ずと「美しいヒューマノイド」に向かう気がします。

美しいロボット (2006.7.29)
posted by カーサ at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボティック・ミッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。