2005年12月14日

ロマンティック、エロティック、ロボティック

このブログのタイトル、「ロボティック・ライフスタイル」のロボティックっていったい何?と思われた方も多いと思います。

ご存知のようにrobotという言葉はチェコの作家カレル・チャぺックによって1920年に作られた造語で世界のどの言語でもだいたいロボットなので、直訳すれば「ロボット的な」、強いて日本語に翻訳すると「自動知能機械的な」ということになるのでしょうが、それではあまりにも味気ないので、ここでは「ロボットのいる上質な」という意味で使っています。

ロマンティックやエロティックという言葉が、淡い想いや色気をイメージさせるように、ロボティックという言葉の響きから、ロボットと暮らす新しい生活への夢やあこがれを想い描いて頂ければ幸いです。

ロマンティックな夜空、エロティックな眼差し、ロボティックな生活・・・
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10656847

この記事へのトラックバック