2008年09月24日

企業ロボットの世界観と成長物語

村田製作所が発表した一輪車型ロボット「ムラタセイコちゃん」。

「ムラタセイサク君」の年下のいとこで、活発だけど照れ屋な幼稚園の年長さん。
夢はセイサク君と世界一周をすることだそうです。

ロボットらしいカタチをしたロボットが、まだ実用化されていない現状では、「ムラタセイサク君」やホンダの「ASIMO」などは企業の広告塔としての役割を担っています。
月並みに言えば、先端的な技術力をアピールすることで、企業イメージの向上や社員のモチベーションUP、またリクルーティングにとても効果があるといえます。

そして、企業の広告塔としてのロボットの最大のポイントは、独自の世界観を表現し、それを大事にするということ。
世界観を表現するためには、背後に必ず「ストーリー」が必要であり、そしてその「ストーリー」に感情移入できることが望ましい。
村田製作所もホンダもそれを実現するために「ロボットの成長物語」をその表現スタイルとしています。

人々が夢見る「ロボット」が登場するのには、まだまだ時間がかかります。
その間に独自の「世界観」をしっかり作っておくことも企業ロボットにとって、大変大事なことであり、「ロボットの成長物語」は人々の心の琴線に触れる最も効果的な方法でしょう。

ワールドカップ5大会分のストーリー (2006.5.15)
働く、ASIMO (2008.1.5)
posted by カーサ at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。