2008年10月08日

「人の役に立つロボット」始動!

ノーベル物理学賞が発表された同じ日。
ロボットスーツ「HAL(福祉用)」のリース販売開始の発表がありました。

35年前に発表された論文が評価されるのに比べれば、だいぶ早いけれど、
それでも開発者の山海先生からすれば、ずいぶん長い助走の末、ようやっと離陸したという心持ちでしょう。

「HAL(福祉用)」は当初個人にではなく、福祉や介護施設向けにリースで販売され、今後ユーザーの声を反映した様々な改良と新たな展開がなされていくことと思います。

とはいえ、そのリース料金は月々、単脚タイプで15万円、両脚タイプで22万円。
年額にすると180万円と264万円です。
これは5年リースの場合なので、5年間使用するとそれぞれ900万円と1320万円かかることになります。

2006年4月の改正介護保険法の施行以来、多くの介護事業者はぎりぎりの経営状況が続いており、大和ハウス工業が販売を手掛けるとはいえ、リース料金の妥当性、特に費用対効果についてはやはり厳しく問われることになるでしょう。

しかし、重作業労働支援や災害現場でのレスキュー活動など、「人の役に立つロボット」として幅広い分野で様々な可能性のあるロボットスーツなだけに、事業として是非成功してほしいと強く思うのです。

今のところ、大和ハウス工業も長い目で考えているようです。
(つづく)
posted by カーサ at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボティック・ミッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107755787

この記事へのトラックバック