2008年11月11日

案外、大事

2005年2月に「TOKYO-BAY ららぽーと」にオープンしたパンのフードテーマパーク「東京パン屋ストリート」。

全体の装飾コンセプトは、北欧の田舎町。
非日常的な環境演出と、人気パン店の食べ比べができることや、ここでしか食べられない
季節のオリジナル新作パンを目当てに、オープンから3年以上たった今も、休日は相変わらず混雑しています。

遊園地やテーマパークが長く存続するポイントは、魅力的な世界観の構築とリピーター客の確保にありますが、案外、重要な部分をなすのが、お土産品と「たべもの」の存在。

特に、そこでしか買えない、食べられない「もの」があるかないかは、その施設の魅力に少なからず影響します。

先月、「イーアスつくば」にオープンした「サイバーダインスタジオ」。

サイバーダインの研究成果をわかりやすいカタチで展開し、来場者の生の声を開発現場にフィードバックする役目も兼ね備えた施設ですが、
ロボットスーツ「HAL」というオリジナルなモノの展示はあるものの、残念ながら、そこにオリジナルな土産「物」、食べ「もの」の提供は、今のところ、ないようです。


フランス料理が得意なロボット研究者 (2006.9.11)


posted by カーサ at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109495464

この記事へのトラックバック