2006年01月28日

ロボティック・ライフスタイル2005 大賞

ロボットと暮らす上質で新しい暮らし = ロボティック・ライフスタイルを実現するためのWebサイト「ロボカーサ・ドットコム」で2005年に紹介された6カテゴリー25アイテムの中から、「ロボティック・ライフスタイル2005 大賞 及び 入賞商品」を発表します。

<選考概要>

ロボティック・ライフスタイルにおける「ロボット」とは、既成のイメージにとらわれることなく、人間の要求に応じて作動、又は人間の行動を自動的に支援する商品のことをさします。

住宅や車をはじめ、今後あらゆる生活空間がロボット化に向かい、またネットワークでつながっていくことを踏まえて、
ロボット個々の紹介に留まるのではなく、ロボットとの暮らしを通して、どんな新しい生活が始まるのか、
ユーザーがより豊かで幸せになれる商品を選びました。

<選考基準>

・ユーザー満足度
・上質なつくり、質感
・創造性
・新しいライフスタイルへの貢献度
・生活役立ち度
・すぐれたデザイン
・使いやすさ
・市場インパクト
・サポート体制の充実
・適正価格

上記10項目をポイント化し、総合得点の高い上位7アイテムを選出。

<大賞> 

モミモミ リアルプロX (松下電器産業)

これまでのマッサージ機の印象をまったく変えた商品。
生活に役に立つ機能、上質な質感、納得のいく市場価格など、ユーザー満足度が高い。


<入賞>

レジェンド・インテリジェント・ナイトビジョンシステム (本田技研工業)

夜間の走行時に見えにくい歩行者を映像表示と声により注意喚起してくれる、安全運転支援次世代技術。

ロケーションフリーテレビ LF-X1 (ソニー)

家の中でしか見ることのできなかったコンテンツを時間や場所にとらわれることなく、いつでもどこでもライフスタイルに合わせて見ることを可能に。

ルンバ・ディスカバリー (アイロボット社)

生活に役立つロボットとして自動掃除機への注目は高い。02年の発売以来全世界で120万台以上の販売実積があり、市場に受け入れられたはじめてのロボット。

サイバーナビ (パイオニア)

カーナビに付いているリビングキットを取り出し、自宅のブロードバンドに接続すれば、ネット上の様々な情報を基に自宅でゆっくりドライブ計画をたてることができる。
家と車のネットワーク化を先取りした商品。

AIBO ERS-7M3 (ソニー)

期間限定販売の「ハニーブラウン」は色合いも美しく、質感もよい。インターネットを介したインターフェースとしての役割を強めているのが特徴。
ソニーは今後AIBOの新製品発売の中止を発表したが、現在もエンターテインメント・ロボットの代表作であることに変わりはない。

ルームエアコンCS-X286 (松下電器産業)

フィルター掃除の自動化はやはり大きな魅力。ナショナルはここ数年家電の高付加価値化に取り組み、次々とヒット製品を生み出している。
また、「イーユーハウス」のオープンなども評価したい。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。