2009年10月03日

サンバの国のオリンピック

成功するイベントの三種の神器といえば、「唯一」、「最大」、「初めて」。

多くの人が集まるイベントは、あまりごちゃごちゃ言うより、たいして内容はなくても単純な言葉がもっともパワーを発揮します。

10万人収容のスタジアムの屋根に太陽光パネルを設置し、水力・風力発電も活用することで、大会で発生する以上の二酸化炭素を削減する「カーボンマイナスオリンピック」を提唱した東京の五輪招致活動。

コンパクトで環境にも優しい、いわば「次世代型高付加価値オリンピック」を提唱したわけですが、結果は「南米初」のリオデジャネイロに決まりました。

イベントは、「お祭り」です。

小難しい「ハイテク環境の国のオリンピック」より、明るく情熱的な「サンバの国のオリンピック」のほうがやっぱり楽しそうです。

原初的なパワーの前では、説明しないとわからない高付加価値など、あまり意味をなさない。


理想のオリンピック (2006.7. 9)
新生東京オリンピック (2008.7.24)


posted by カーサ at 14:35| Comment(0) | TrackBack(1) | ロボット・アンダーワールド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ちびロボ wii
Excerpt: ちびロボ wiiの最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「ちびロボ wii」へ!
Weblog: ちびロボ wii
Tracked: 2009-10-04 02:18
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。