2009年10月31日

東京パーソナル・モビリティ・ショー

前回に比べて、その出展者数と来場者数の少なさばかりがクローズアップされている「第41回東京モーターショー2009」。

しかし、見るべきところはやはりちゃんとあり、今回もコンセプトモデルが中心とはいえ、電動の「パーソナルモビリティ」が数多く展示されていました。

特に注目は、
来年発売が予定されいる「EV-Cub 」(ホンダ)と「EC-03」 (ヤマハ)の電動バイク。

EV-Cub 」は、現行の「スーパーカブ」に代わる郵便配達用バイクとして導入されることが報道されています。参考出品されていたモデルは、赤いシートが印象的な美しいフォルム。

また、「EC-03」は、過去に市販された「パッソル」や「EC-02」の失敗を教訓に、電池の改良と後続距離の大幅な向上を実現した機種となる予定。

その他、直観的に「乗ってみたい」という「気」にさせるタンデム2シーター「ランドグライダー」 (ニッサン)も、都市型パーソナルモビリティという位置づけ。

電動パーソナルモビリティに共通する特徴は、乗る人も、またそれを見る人もなんとなく楽しい気持ちにさせるその「雰囲気」。

世知辛い世の中だからこそ、「雰囲気」はとても重要ですね。


近距離移動用パーソナルモビリティの将来性
電動アシスト自転車が、いく (2008.10.5)
本当の想像力 (2009.5.24)
行くぞ、パーソナルモビリティ (2009.7. 2)

posted by カーサ at 13:06| Comment(0) | TrackBack(1) | ロボティック・モビリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131657398

この記事へのトラックバック

東京モーターショー2009 日産
Excerpt: 東京パーソナル・モビリティ・ショー 前回に比べて、その出展者数と来場者数の少なさ...
Weblog: まことのささやき
Tracked: 2009-10-31 20:24