2010年02月11日

アザラシ・ファンタジー

キタゾウアザラシは回遊中の長い期間、まったく陸地に上がらないばかりか、水面に滞在する時間も短く、そのためいつ休息しているのかこれまで大きな謎だったそうです。

3Dデータロガー※を使った北海道大学北方生物圏フィールド科学センターの調査によると、アザラシはお腹を上にして落ち葉が落ちるように螺旋を描きながらゆっくりと潜降し、およそ150mの水深で休息していることが分かりました。

深い海の底に向かって、螺旋を描きながらのんびりと沈んでいくアザラシの姿を想像しただけで、なんだか心があたたまる感じがしますね。

北海道大学リリース (2010年2月9日)
posted by カーサ at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。