2010年02月15日

テクノロジー・アートな開会式

現代美術では、コンピュータと新しいテクノロジーを利用した様々な試み(デジタル・アート、メディアインスタレーション、アート・パフォーマンスなど)が日常的に行われていますが、先日のバンクーバーオリンピックの開会式は、さながらカネと時間を存分に使った壮大なテクノロジー・アートの発表会のようでした。

特に繋ぎ目がまったくわからない複数プロジェクターによる映像は、ある場面では手書きのアニメーションのように繊細であり、またある場面では映画「アバター」の1シーンのように立体的で、その美しい演出に魅入られました。

現在、家庭用プロジェクターとカメラを用いた新しいインターフェースの開発(「SEATEC JAPAN 2009」や「DEGITAL CONTENT EXPO 2009」参照)が盛んに行われていますが、今後、バンクーバーオリンピックの開会式に刺激されたイベントやアートが増えていくものと思います。

それにしても、日本選手団のユニフォーム。
デザイン面でダメであるなら、ドン小西氏が指摘するように、「こんなに薄いのに寒くない」といった独自のハイテク素材でアピールできないものでしょうか。

こびとのいる街 (2006.8.29.)
posted by カーサ at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。