2010年04月08日

ロボティック・ドラマが描くこと

ロボット実証実験シアター 「ロボティック・ドラマ」を4月29日(木祝)に横浜で上演します。
→ 詳細

その「ロボティック・ドラマ」とは、
ロボットと暮らす上質で新しい生活 =「ロボティック・ライフスタイル」 をなるたけリアルに描くドラマであり、
それは、ロボティック・コメディとロボティック・トラジティからなっています。

ロボティック・コメディとは、「ロボットにあたかも意思があるかのように人間が感じることから生じる喜劇」であり、
ロボティック・トラジティとは、「ロボットが人間の意思を正確に実行・反映することで起こる悲劇」。

今回上演する「ロボティック・ドラマ」は、そのうちのロボティック・コメディです。

ちょっと理屈っぽくなってしまいましたが、物語はいたってわかりやすい夫婦とロボットが繰り広げる軽喜劇ですので、まずはどんなものなのか是非ご覧いただき、お確かめください。

できれば、ご夫婦でどうぞ。


「ロボティック・ドラマ」を横浜で上演します (2010. 4.2)

posted by カーサ at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボットメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。