2010年04月19日

イケイケ塚田とすばらしき面構え

1988年のソウルオリンピック陸上短距離でアメリカのフローレンス・ジョイナーが活躍した頃からでしょうか。日本の女子アスリートが急激にオシャレになりはじめたのは。

陸上、水泳、スキー、フィギュアスケート、バレーボール、ビーチバレー、ゴルフ etc

スポーツ選手がTVのレギュラー番組に頻繁に出演し、マスコミのビジュアル重視の傾向も手伝って、「汗」を感じさせない、すっきりおしゃれ系アスリートが連日脚光を浴びています。

そんな中、全日本女子柔道選手権の無差別級で塚田真希選手が9連覇を達成しました。

塚田選手のことはアテネオリンピックで知りました。
顔中流れる大粒の汗をぬぐうこともせず、勝っても負けても顔をぐちゃぐちゃにして泣く姿に、魅せられました。

9連覇は、並みの努力では成し遂げられない大変な偉業です。
マスコミは騒ぐ相手を間違っています。

それにしても、塚田選手をはじめ、女子柔道選手たちの「面構え」の、なんと素晴らしいことか。


修羅場顔認識 (2009.1.13)
戦士の顔  (2007.12.3)
posted by カーサ at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。