2010年04月24日

「節約疲れ」を感じたら、たまには「ハレ」の世界に行ってみましょう。

2009年10月に新装オープンした南青山の根津美術館。
今日から尾形光琳の「燕子花図屏風」を中心にした琳派のコレクション展が開催されています。

琳派の展示ということもあり、会場には着物姿のご婦人方が大勢いました。

しかし、これほどの数の高価な着物を観る機会はそうそうないと思えるほどご婦人方の着物は、まさに「晴れ着」というにふさわしいあでやかな装い。
どうやら庭にある4つの茶室すべてで茶会が催されたようです。

17,000uある庭園は、新緑の若葉が太陽に光輝き、それはそれは「美しい」の一言。
琳派の世界に自分が入りこんでしまったかと錯覚さえするほどです。
そして、あでやかな「晴れ着」は美しい風景にしっくりと馴染みます。

根津美術館から表参道へ通じる道沿いにはオシャレなアパレルや高級ブティックも数多くあります。
「節約疲れ」を感じたら、たまには「ハレ」の世界に行ってみましょう。


泣きたくなるほど、美しい (2009.10.19)
コラボ今昔 (2009.8.24)
継承と変奏 (2008.11.3)
もうひとつのオールジャパン (2008.8.11)
若冲と環境インタラクション (2006.8.20)
posted by カーサ at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/147642512

この記事へのトラックバック