2010年07月27日

熱中症対策ロボット

猛暑の日が続いています。熱中症で倒れる人も多く、テレビでは連日熱中症への注意を呼び掛けています。

とはいえ、猛暑だろうが、酷寒だろうが、外で仕事をしなければならない人はたくさんいます。
中でも、駐車場の案内や道路工事の誘導、交通量調査などは、思わずご苦労さまと声をかけたくなるほど、過酷な環境で仕事をしなければならないことも多い。

家庭用掃除ロボット「ルンバ」や、爆弾処理ロボット「パックボット」をヒットさせたiRobot社の前社長は、ビジネスとして成り立つロボットの条件として、3つのD、
すなわち “ DULL、DARTY、DANGEROUS ” が重要と述べています。

炎天下、寒風下のときだけでもいいから、自分たちに代わって作業をこなすロボットが登場してくれないか、そう思いながら作業する方もきっと多いことでしょう。

やはりロボットは、人に役立つ道具であってほしい。


ロボットの3Dとアンダーウォーター (2008.10.14)
posted by カーサ at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/157629219

この記事へのトラックバック