2010年09月22日

B級グルメに踊る

アジア太平洋経済協力会議(APEC)の日本での開催に乗じた地域おこしイベントが、横浜岐阜など各開催都市で行われます。

そんな中、B級グルメの全国大会「B-1グランプリ」が開催され、過去最多の来場者数ということもあり、ニュースやワイドショーでも大きく取り上げられていました。

B-1グランプリの人気投票で上位にランクされれば知名度が上がり、食によるまちおこしにつながるとして、新しい郷土の味に取り組む地域が増えているといいます。

イベントの仕掛けとしては面白いし、実際、B級ご当地グルメを求めて客が大勢集まり、経済効果が出ている地方都市も多いようです。

お金はないけれど、わが町、わが商店街に一人でも多くの人に来てもらいたいと思っているほぼすべての市町村にとって、B級ご当地グルメは格好のまちおこしイベントとして、しばらくはブームが続くのでしょう。

ただ、この種の催し物は回を重ねるほど、食より銭勘定が先になり、話題作り、宣伝先行の珍奇で、過激な食べ物を指向しがち。

特段、B級グルメに関心のない身には、料理を作る人や参加する人が楽しければケチをつける筋合いのものではありませんが、
B級グルメで知名度が向上したことにより、却ってそこに住む人たちの鼻白む事態にならなければいいのですが。

とはいえ、国際会議さえ地域おこしイベントにしてしまうお国柄。
もう、なんでもありなのかなぁ。


フランス料理が得意なロボット研究者 (2006.9.11)
「ぽろたん」のように (2006.10.8)
ぽろたん防衛軍 (2006.11.12)
千葉県に住む不思議ないきもの (2007.1.18)
「アフリカ」と洞爺湖サミット饅頭 (2007.6.11)
千葉の土産に (2007.11.3)
三つ星ロボット (2007.11.20)
ボジョレーより、カツヌマ (2009.11.8)
posted by カーサ at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。