2006年04月10日

ロボット文化人

夏目漱石の「三四郎」に、東京に向かう汽車の中で広田先生が三四郎に言うセリフがあります。
「熊本より東京は広い。東京より日本は広い。日本より・・・・・日本より頭の中のほうが広いでしょう」。

先日、脳科学者やロボット研究者など、脳に関わる第一人者が発起人となって設立された「脳を活かす研究会 発足講演会」に参加しました。

脳科学は、人間のロボット化=ブレイン・マシーン・インターフェースや認知神経科学に基づく新しい経済学=ニューロ・エコノミクスを生み出し、「脳を活かす」ことで「売れる仕組み」を作る大きな原動力になりつつあります。

現在、東急ハンズの脳に関するコーナーには、脳を鍛えるゲームなど100種類以上の商品があり、また、高齢者や団塊の世代を対象にした「脳を活性化させる」ビジネスも盛んです。

この会の発足理由のひとつに、最近の「脳文化人」出現への危惧があります。

脳文化人」とは、確証のない私見をあたかも脳科学の裏づけがあるかのように公言する一部の科学者のこと。

非科学的で、客観性のない脳情報の氾濫は、一般の人が脳に関して誤った考えを抱く恐れがあり、これまで地道に脳の研究をしてきた科学者にとっては、迷惑千万な話でしょう。

また脳科学が長年、あまり儲かる学問ではなかったため、国の研究予算が削られており、一部の「脳文化人」だけがいい思いをしているというやっかみもあるのかもしれません。

広田先生が言うように、「頭の中は広い」わけで、今後もいろいろな立場の人たちが脳の研究を通してビジネスに携わり、それがロボットの発展にもつながっていくことと思います。

もしかしたら、怪しげな「ロボット文化人」も、すでに出現しているのかもしれませんね。
posted by カーサ at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16377891

この記事へのトラックバック