2006年05月02日

IKEA それでも、おおらかに

連休の合間に、「IKEA」に行きました。

オープン間もないこともあり、すごい混雑ぶりでした。
20代〜40代の消費意欲旺盛な女性が中心。
豊富な品揃えで勢いを感じるし、なによりショッピングする楽しさがあります。

船橋から幕張に至る湾岸地区は、このIKEAをはじめ、東京インテリア、大塚家具、ROOM DECOなどの家具インテリア店、また、ららぽーと、ビビットスクエア、コストコ、カルフール、イオンなどのショッピングセンターやYAMADA電機、コジマ、トイザらス、VIVAホームなどが点在し、勢いのある旬な店が多い反面、事業採算に合わず撤退する店も多い日本有数の激戦地。

それらの店を回って思うことは、いまロボットを販売するとはどういうことかということ。

「IKEA」にくるような、マニアではない普通の人々が求めるモノとは、

楽しくステキな毎日を予感させ、
シンプルで低価格、
かつ機能のしっかりした、モノ。

人々がロボットに求めるモノもきっと同じハズ。

経済産業省のロボット技術戦略マップによると、ロボットの「本格普及」は2015年以降。2010年までは業務用の警備・掃除ロボットや家庭用留守番ロボットなどの「プレ普及期」としています。

あと10数年、おおらかな気持ちでロボットを見守りたいものです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17315673

この記事へのトラックバック