2011年01月24日

今は「心配ご無用」でも、やがては「大変な危惧」でもあること

ロボットの面白いところは垂直・水平の様々な分野に活躍の場があること。

宇宙(ロケット、人工衛星、探査ローバーなど)、飛行機(UAVなど)、モビリティ(ロボティック・カーなど)、水中探査(AUVなど)から、生活、介護、身守り、エンターテインメント、公共など多種多様な拡がりがあります。
しかも、それらは通信ネットワークやシステム技術でつながっていきます。

また、ヒューマノイドに代表される「ヒト」に近い存在として、「ヒト」を研究する上で利用したり、「ヒト」の代替として活用したりできる点もおもしろいところで、ひとくちにロボットと言っても、その利用分野、活用先によってさまざまなロボットがあるわけです。

今更ながら何故そんなことを考えたのか。

先日「ロボット戦争」をテーマにしたセミナーが行われました。
そこで感じたのは参加者のロボットに対する漠然とした不安。ロボットがヒトに代わって、戦争の主役になっていくのではないかという生理的な恐怖です。

ビジネスとしてロボットの普及に日夜頭を悩ましている立場からすれば、
「心配ご無用。皆さんが心配するようなロボットはそんな簡単に作れません。まして自らの意思で動くロボット戦士など当分ありえません。まったくそんな心配ができるくらいになりたいものです」と言いたいところではあったのですが、
このセミナーで取り上げていた「ロボット戦争のロボット」というのは、主に米軍がアフガニスタンやイラクで展開している無人航空機(UAV)、特に爆撃を行える無人戦闘機(UCAV)のことで、遠隔操作によって操縦されるため、「戦闘の非人格化=プレイステーション感覚」に陥り易く、誤爆や制御不能などに伴う付随的被害(多数の民間人を殺害)が問題になっています。

ヒトに善人と悪人がいるのではなく、ヒトの心のなかに善と悪があるように、ロボットも使うヒトの用途によって、平和利用にも殺人兵器にもなるわけで、そんなヒトの心を映し出す鏡のような存在としてもロボットは興味深いものでもあります。

ただし、技術的に今は「心配ご無用」でも、技術が進化すればロボットはやがて「大変な危惧」になる存在になります。

ロボット(機械)とヒトはどのように付き合って(関係性)いくことになるのか。
見守っていきたいと思います。


ASIMOから10年、未夢からの10年 (2010.10.18)
ロボット兵器の行方 (2006.7.14)
ヒズボラ・ロボット・アタック (2006.7.19)
指数関数的に加速した先 (2007.1.2)
ロボット市街戦 (2007.8.17)
アーバンとガンダムに見る両用技術戦略の大きすぎる溝 (2007.11.9)
世界平和アピール七人委員会が、ロボットの軍事利用に抗議する日 (2008.8.30)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/182226021

この記事へのトラックバック