2006年06月12日

残された10年

ロボットの新製品発表会に行くたび、その「実力」以上に多くのメディアが取材に来ていることに驚かされます。
ロボットが「絵になる」ということもありますが、ロボットへの「期待」の表れでもあるのでしょう。

先日、経済産業省が発表した「新経済成長戦略」。
人口減少下でも国が「成長」を続けていくためのシナリオを提起しています。

成長のためのキーワード は、「イノベーション」。
「世界のイノベーションセンター」として、ヒト、モノ、カネ、ワザ、チエの構造的施策の重要性を強調しています。
そして、燃料電池、ロボット、情報家電などの戦略重点分野への集中と加速、双方向連携の「イノベーション・スーパーハイウェイ」構想を宣言しています。

インターネットや携帯電話で情報が飛び交い、ロハスや農的生活を求める人が増える中、人々のニーズが一体どこにあるのか、欲っするものをほとんど無理やり探しつづけなければならない今の日本にあって、
ロボットは、スポーツ、宇宙と並び、人々の「ハートに火をつける」存在として、今後も注目を、集めるでしょう。

そして国の重要戦略分野として、ロボットの研究開発に予算が重点的に振り向けられます。
それは、多額の税金が使われるということ。
ロボットに向けられていた優しいまなざしが、いつ厳しい目つきに変わるかわかりません。

「新経済成長戦略」では、イノベーションを進めるこれからの10年を
明るい未来が来ることを示す残された10年」と述べています。

ロボット開発の本当の「実力」が問われます。
posted by カーサ at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボティック・ミッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。