2006年06月16日

HYUNDAI MONDAI

「ヒュンダイ」(現代・起亜自動車グループ)の車といっても、国内で走っている姿をほとんど見かけたこともないし※、そのスタイリングもなんだかなぁという感じで、これまで気に留めることもありませんでした。

ところが、2005年のヒュンダイの世界販売数は、355万台。
これはホンダに次ぐ世界第7位で、2010年までに650万台、世界第4位になる目標を掲げています。

また先日、J.D.パワーが発表した「2006年米国自動車初期品質調査」では、
高級車ブランドでポルシェ、レクサスに次いで第3位。
大衆車ブランドではなんとトヨタを抜いて、トップ。

デザイン、先進技術、環境・安全対策、価格面、そのどれをとっても、
特徴のなさそうなヒュンダイの車。
なのに何故?

国内だけを見ていては、理解できないことが、着実に進行しているようです。
<つづく>

※2005年の国内販売台数は2295台。
 
posted by カーサ at 21:46| Comment(0) | TrackBack(1) | モビリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

パイオニア、プラズマパネル合弁生産を検討 松下か日立と
Excerpt: メルマガあり□現在、同社は世界シェア6.2%となっており10%以下の状態にもかかわらず大型投資をするにはリスクが高すぎるために提携先を求めています。日立と松下に焦点を絞り現在調整中ですが同社の持つ高精..
Weblog: 企業レポ速報
Tracked: 2006-06-18 11:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。