2006年07月14日

ロボット兵器の行方

<つづき>
6月下旬、イラクのサマーワ宿営地周辺で陸上自衛隊所属の無人偵察ヘリコプターが墜落しました。原因は故障か操作ミスとのことですが、サマーワに配備されていた4機の内の1機でした。

防衛庁の平成17年度の調達費は、1兆3738億2500万円。
戦車、潜水艦、ミサイル、戦闘機などあらゆる戦闘兵器を国内メーカーから購入しています。

調達契約企業上位20社には、三菱重工業、日本電気、東芝、石川播磨重工業、富士通、富士重工業、日立製作所など、家庭用パートナーロボットや各種ロボットを開発している企業がずらっと名を連ねています。

アメリカをはじめ、中国、イスラエルなどがロボット兵器の開発と実践配備を実施している中、ロボット大国を自負する日本が、何故ロボット兵器に手を出さないか、不思議な気がします。

自衛隊の専守防衛やロボットの平和的利用などいろいろ理由はあるのかもしれませんが、防衛庁や防衛研究所のHPで探しても情報は皆無で、はっきりしません。
(平成17年7月の大野防衛庁長官の記者会見があるくらい)

平成17年度から21年度にかけての「中期防衛力整備計画」でも、ロボット兵器に関する記述は、
「滞空型無人機について、検討の上、必要な措置を講ずる」
とあるだけです。

今後自衛隊の海外派遣がますます増えることで、自衛隊員の犠牲者が出始めたとき、ロボット兵器の開発も一気に進んでいくのかもしれませんね。

でも今はこちらのほうが目を引きます。

・イージス護衛艦「あたご」のロゴマーク募集
TV、映画などの広報活動
さわやか行政サービス運動

<つづく>

参考項目 : ライブドアの影で(1/24)
posted by カーサ at 00:10| Comment(0) | TrackBack(1) | ロボット・アンダーワールド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

戦争について
Excerpt: アフガン戦争、イラク戦争、スーダンダールフール危機、チェチェン戦争、それにともなう数々のテロ・・・ ブッシュ大統領が行ったとおり、21世紀は戦争の世紀になっています。 戦争、テロについてなんでもど..
Weblog: 共通テーマ
Tracked: 2006-07-19 12:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。