2011年06月28日

NPO法人ロボティック普及促進センターが目指すこと@ 

今年の1月、仲間たちと共に、ロボット関連技術やロボットビジネスの普及促進活動を行う、
NPO法人ロボティック普及促進センター」(RIC : Robotic Increase Center)を設立しました。

震災を挟んで4月に、神奈川県から正式に認可を受け、
この6月から「かわさき・神奈川ロボットビジネス協議会」の事務局を請け負うことになりました。

今後は、ロボットビジネスに関する相談、研究開発、安全性などの事業を、時には行政と協働で、時には補助を受けながら、そして自主事業もいくつか行っていきたいと考えています。

そこで、キーとなるのが、

・個のチカラ
・パブリック
・コミュニティ

社団でも、財団でもなく、一人ひとりの顔の見える地域NPOであるということ。

気宇壮大な、天下国家を語るつもりは、ありません。

個人を中心に、その夢や想いを、パブリック(公共)で実現し、コミュニティ(地域)に拡げる。

これから、新たな物語を紡いでいきたいと思っています。
(つづく)

人々がより豊かで幸せになれる社会生活のために (2011.1.7)
ASIMOから10年、未夢からの10年 (2010.10.18)
3月11日以前と以後も、ロボット関係者の心のありかたは同じなのか (2011.4.14)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/212315600

この記事へのトラックバック