2006年07月24日

御料ロボット

最初の天皇の御料車「ダイムラーリムジン」が導入されたのは、1912年。
自動車が発明されてから26年後のことでした。

その後、ロールスロイス(1920〜1931)、メルセデス・ベンツ「グローサー」(1931〜1969)と続き、現在の「ニッサンプリンスロイヤル」(1967〜2006)にいたっています。

宮内庁によると、昨年の御料車の使用実績は50回。
ということは週にほぼ1度の使用頻度で40年使われ続けたことになります。

もちろん所有する5台の御料車を使い分け、最高の技術スタッフがメンテナンスを行い、ムチャな運転走行や風雪にさらされることもなかったとはいえ、40年間現役というのは、やはり驚きです。

とはいえ、「車両本体の老朽化、部品補充が困難となってきたこと等からその維持が限界に近づいており、運行に支障を来すおそれがあるため」、後継車として、トヨタ自動車の「センチュリーロイヤル」の導入を決めました。

「センチュリーロイヤル」は8人乗りのリムジンで、車内に天然素材をふんだんに使い、低燃費、低公害車ということです。
8月の全国戦没者追悼式でデビューし、その後3〜4年をかけて、計4台が納入されるとのこと。

次の御料車が決まる頃までに、
「御料ロボット」というのは実現しているでしょうか。
そして、それは一体どんなロボットなのでしょう。

天皇が使われるロボットのイメージが、ぜんぜん思い浮かびません・・・

参考ブログ
posted by カーサ at 13:57| Comment(0) | TrackBack(2) | モビリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

センチュリー CENTURY (トヨタ)
Excerpt: 「センチュリー CENTURY (トヨタ)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 《新車チェック→ ...
Weblog: クルマ選び口コミ情報サイト:ブログでbuu!
Tracked: 2006-08-09 19:37

くちこみブログ集(くるま): センチュリー:トヨタ by Good↑or Bad↓
Excerpt: 「センチュリー:トヨタ」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してく..
Weblog: くちこみブログ集(くるま)(投稿募集中)by Good↑or Bad↓
Tracked: 2008-01-18 00:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。