2006年08月16日

後は「やるだけ」

<つづき>
「ロボット技術戦略マップ」の成果報告書では、
@産業用ロボット
Aサービスロボット
B特殊環境用ロボット
CRT関連応用技術
それぞれについて現状把握と問題点、実用化に向けてのロードマップを作成して、将来を見据えた「ミッション型開発」を提案しています。

また、
・生活の中でのロボット利用についてのアンケート
・シェフロボット、高齢者支援ロボットなどの利用が想定されるユーザ企業(ファミリーレストラン、マンション管理サービスなど)へのヒヤリング
・2015年のRT社会のイメージ

など、
延べ140名の専門家による、事細かな分析と将来像が描かれています。

もちろんこれらの実現に向けては、ロボット単体だけでなく、ロボットが動き易い環境作りや社会インフラの整備も同時に進めていく必要はあるでしょう。

また世の中の動きに配慮した修正を加え(ローリング)、今後も引き続き戦略の制度を高めていく必要もあるでしょう。

そして、時間もかかるでしょう。

でも、後は「やるだけ」。

技術者、研究者はもちろんロボットに関わるすべての人が、
がむしゃらな気持ち強いプロ意識をもって、「人に役立つロボット」を、
「やるだけ」です。
posted by カーサ at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボティック・ミッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22407129

この記事へのトラックバック