2011年10月07日

40と56

スティーブ・ジョブズ氏の訃報を聞いて、ジョン・レノンが暗殺された日のことを想いました。

技術と音楽で、新しい価値や新しい生活スタイルを示しながら、時代と共に生きてきたことが、そう思わせたのかもしれません。

定めである人の一生に、短いも長いもないとはいえ、40歳(ジョン・レノン)、56歳(スティーブ・ジョブズ)という年齢は、50歳を前に亡くなった信長が、その後の日本人の死生観に少なからずの影響を与えたように、これからを生きる世界の若い人たちに、その年齢までに自分は何をするのか、自分は何をしてきたのか、先を見据え、また過去を振り返る、人生の指標となっていくことでしょう。


男がギムレットを飲みたいとき (2007.4.5)
posted by カーサ at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。