2006年08月29日

こびとのいる街

NHKで放送されている「世界ふれあい街歩き」。

小さな路地や公園を気ままに歩き、そこで生活している人に気楽に声をかける。街や人を見つめる眼差しがとても優しくて、好きな番組のひとつです。

先日は、カナダのバンクーバーを取り上げていました。

立派な並木が建ち並ぶ古い住宅街に小さなドアのようなものがついた不思議な木があります。
ドアノブと、のぞき穴が付いていて、“666”というルームナンバーまで書かれています。
いったい、誰が住んでいるのかと通りすがりの人に話を聞くと、
「ここにはこびとが住んでいるの。この辺りでは有名なのよ」
街の誰もが知っていると言います。

以前バンクーバーに行ったとき、街の雰囲気がとても穏やかで、気さくな人も多く、いつかは住んでみたいと思ったものです。

最近の日本では幼い子供や女性を狙った事件が多発しているため、街や人を見守る(24時間監視)ことが検討されています。
ロボットを活用するケースも今後増えていきそうです。

安心で安全な暮らしができることはとても大切なことで、
そのためにロボットが役に立つなら、大いに活用すべきでしょう。

でも、こびとがいると思える暮らしのほうが、幸せだと思いませんか?

参考コラム : 上方の男 江戸の女 (1/4)
知らない幸せ (2/5)
幸せを実感できる存在 (2/12)
posted by カーサ at 12:06| Comment(1) | TrackBack(0) | エトセトラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございました。

この番組 本当にいいですよね。ほのぼのしてしまいます。旅人気分を味わえるので楽しんで見ています。

バンクーバー 一度是非行って見たいと思いました。自然が大切にされている街ですね。スタンレーパークを散策してみたいです。
Posted by ★青りんご☆ at 2006年08月30日 08:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22965012

この記事へのトラックバック