2006年10月03日

「時間」を共有できるロボット

よい映画を観たり、おもしろい小説を読んだりすると、誰かに話たくなるし、ほめたくもなるものです。

先日発売されたレクサス「LS460」。
レクサスの旗艦車として、また突出した先進技術車として、あらゆる面で注目されているクルマです。

LS460は、プレミアムカーでありながら、これみよがしの派手な外観や豪奢な内装というわけではありません。
匠なデザインや高級素材は「時間」と共にじわじわと効いてくるつくりになっています。

そして、LS460と共に過ごす「時間」を重視し、
「おもてなしの心」という相手を気遣う繊細な気持ちをそのコンセプトにしています。

LS460は、「駆け抜ける歓び」や目をみはる豪華さはないけれど、日常の生活にクルマだけが突出することなく、ごく自然に「時間」を共有できるクルマ。

大量生産大量消費の代名詞であった自動車産業のトヨタが、
老舗の高級旅館の精神を世界規模で行おうというわけですから、ブランドの確立までにはそれなりの時間はかかるでしょう。

また、売り上げを巡っての葛藤もあることでしょう。
LS460の本体販売価格は、770万円〜965万円。

上質でここちよい「時間」を共有できるならロボットにそれぐらいのお金を出しても良い。
そう思わせるプレミアムロボットの登場は、まだまだ先のようです。

参考コラム :
ロボットとCRM (1/15)
プレミアムロボット (1/18)
一日3機のジャンボジェットが墜落 (5/31)
4つの将来のゴール (6/2)
モビリティ・デバイト (8/6)
posted by カーサ at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボティック・モビリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。