2006年10月14日

大きな一歩、でもカケヒキジョーズには気をつけて

<つづき>
日本は、ロボット用ミドルウェアの日本主導による国際標準化を進めるため、ソフトウェア技術に関する非営利国際標準化団体OMGに加盟し、アメリカと協力して原案を作成。

それが今回、OMG標準仕様案として採択されました。

OMGでの標準化へのプロセスは、OMGメンバー間でアイディアを出し合い、議論を通して共通認識を作り、その理解者を増やすことで合意を目指すというもの。

今回は日米を中心に韓国とも協力して、標準化仕様案を策定したようです。
それだけに、欧州諸国の反応が気になります。

というのは、国際的な標準化のお墨つきを与える団体といえば、各国の代表的標準化機関が参加する、国際標準化機構(ISO)や国際電気標準会議(IEC)があり、そこでの標準化案審議が欠かせないからです。

OMGの標準化案に、欧州諸国が対抗案を出してくる可能性も考えられます。

日本は過去、ISO9000や14000シリーズといった標準化策定で、いいところをほとんど欧州に持っていかれたという苦い経験を持っています。

いくらロボット技術で先端を走っていたとしても、標準化で足元をすくわれてはたまりません。

OMG標準化はとても大きな一歩だと思いますが、カケヒキジョーズな欧州諸国に土壇場でひっくり返されぬよう念には念を入れて、取り組んでいってほしいと思います。

国の力量も問われますね。

ちなみにOMG仕様案は2007年秋、標準仕様文書としてOMGのホームページで公開され、誰でも無料で、仕様に準拠したソフトウェアを自由に開発、販売できるようになるようです。

posted by カーサ at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボティック・ミッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25450926

この記事へのトラックバック