2007年03月26日

能登半島地震と、遠い夜明け

能登半島沖で地震が起き、大きな被害を出しました。

神戸・淡路、福岡、新潟、そして能登。被災地で起きている同じような映像が今回もまた流れています。
神戸・淡路の震災時に比べれば、政府の対応も災害派遣の動きも格段に向上していると思います。また損壊したライフラインの復旧対応も進んでいるように思われます。

でも、TV映像で見る限り、情報収集ロボットが空中から活動しているとか、ロボットレスキュー隊がすばやく現地に到着したという情報は、ありません。

2002年に発足し、これまで国からの様々なプロジェクト予算を獲得し、レスキューロボットを「研究」している特定非営利法人国際レスキューシステム研究機構のホームページにも、何ら情報はありません。(3月26日午前7時現在)

ロボットが客寄せパンダではなく、現場で実際に役立つまで、あとどれくらいの数の震災を経験しなければならないのか。
そして今回もまた「要素技術の研究」ということで終わるのか。

posted by カーサ at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボティック・ミッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36881893

この記事へのトラックバック