2007年12月22日

ロボティックライフスタイル・コミュニケーション

(つづき)
ロボカーサ・ドットコムでは、ロボットを以下の3つのカテゴリーに分けて情報発信しています。
(実証実験段階で商品化、実用化されていないロボットは除く)

ロボティックライフスタイル・コミュニケーション
 上質で創造性豊かな暮らしを楽しむ一般ユーザ向け商品 (BtoC)

ロボティックシステム・イノベーション
 ビジネスや社会に変革を起こす業務用システム (BtoB)

ロボティックミッション・フロンティア
 大学、公的機関などにより実用化されたロボット独自の領域(BtoG)

それぞれのカテゴリーで今年取り上げた商品、製品をあらためて振り返ると、
人々のライフスタイルの多様化や希薄なコミュニケーションへの対応、またヒューマンエラーや高齢化に伴うちょっとした動作の支援など、生活や社会でのロボット化が少しずつ、しかし、確実に進んでいることが実感できます。

◎ロボティックライフスタイル・コミュニケーション部門

@ロボティック・カーサ

・ねむり博士 (ロフテー)
・大容量冷蔵庫R-W5700 (日立アプライアンス)
・miuro (ZMP)
・ロアンジュ オートスウィング RU-700 (コンビ)
・CV-PX40 (象印)
・サティス (INAX)
・リビングライコン (松下電工)
・ムービングドラム (三菱電機)
・いびき軽減枕 V-1 (フランスベッド)
・サイバーショット DSC-T200 (ソニー)
・Rolly (ソニー)
・ユパティオ Riz (NORITZ)
・ロボットサイクロン CV-RS1 (日立アプライアンス)
・ジョーバ EU7800 (松下電器産業)
・i-SOBOT (タカラトミー)
・PLEO (ビジネスデザイン研究所)
・sogno (ファミリー)

Aロボティック・カー

・nav-u (ソニー)
・G-BOOK mx (トヨタ自動車)
・ツアートレーサー (NTTデータ)

(つづく)

参考 :
ちょっとだけ気になる商品(3) (2007.2.28)
ちょっとだけ気になる商品(4) (2007.6.25)
ちょっとだけ気になる商品(5) (2007.12.11)
ちょっとだけ気になる商品(6) (2007.12.13)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/74042895

この記事へのトラックバック