2008年05月12日

ロボットのマイバッハ

(つづき)
ダイムラーの高級車ブランドのひとつ、マイバッハ

4モデル(約4500万円〜6000万円)が、2002年から発売されています。

装備や仕様はすべてオーダーメイド。
内装の化粧板をウッドから大理石にすることや、前席と後席を液晶で瞬時にさえぎるパーティションの設定も可能です。

マイバッハ・セールスセンターは1日1組限定の予約制で、オーナーともなれば専用のメカニックが入念に点検整備をしてくれるなど、世界共通の至れり尽くせりのサービスが受けられます。

しかし、任意保険の加入条件が厳しい(盗難のリスクが高いので)ことを除けば、代金を銀行振込みとする以外に特別な購入条件はありません。

日本では、昨年19台が成約となり、これまでに約130台が販売されています。(全世界では約400台)

もちろん、マイバッハに乗れる人は、限られています。
そして、ロボットを手に入れる人も限られています。

その違いは、明快です。

ロボットが高いから買えないのではなく、満足できるロボットがないから、買わない。

技術的な課題がゴマンとあるのは百も承知ですが、「ロボットのマイバッハ」を目指すロボットメーカーの登場は、果たしていつになるのでしょう。

参考 :
ロボットとCRM (2006.1.15)
プレミアム・ロボット(2006.1.18)
posted by カーサ at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボティック・ミッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96446831

この記事へのトラックバック