2013年10月27日

ロボティック・シンポジウム

ここ数年急速に技術が発展し、民生用としても、また軍事用としても世界中で普及しはじめている「無人機」に焦点を当て、国内外の「無人機」の使用状況、安全性、国際法上のルール形成、電波の使用条件などを紹介します。

日本ではじめての無人機をテーマにしたシンポジウムでもあり、また、様々な立場の専門家が一堂に会して、最新の話が聞ける機会でもあるので、お時間あれば是非ご来場ください。

ロボティック・シンポジウム 
ロボット関連技術の境界線 〜発展する無人機の可能性と国際動向〜


主  催:NPO法人ロボティック普及促進センター
共  催:公益財団法人川崎市産業振興財団、一般財団法人機械振興協会技術研究所、
「武器と市民社会」研究会
後  援:かわさき・神奈川ロボットビジネス協議会
企画運営:潟鴻{ットメディア

開催日時:2013年11月8日(金) 14:00-18:30
※開場13:30 
開催場所:東京ビックサイト 会議棟701+702会議室
参加費 :無料 (定員80名)         
申し込み先 : seminasanka@npo-ric.org
件名に「ロボティック・シンポジウム参加希望」と明記し、氏名、所属先、役職、メールアドレスを記載の上、お申し込みください。定員になり次第締切りとなります。

お問い合わせ先:otoiawase@ npo-ric.org

モデレータ:小林賢一((N)ロボティック普及促進センター 理事長)

13:30 開場・受付
13:50 主催者挨拶及び本シンポジウムの狙い 小林賢一 

14:00 <第1部> 無人機の開発と実用化動向 

・実用化無人機(業務用無人機)の紹介  
大津良一(知能技術梶@代表取締役)
・災害監視無人機システムの研究開発と実証実験 
石川和敏(宇宙航空研究開発機構航空本部 運航システム・安全技術研究グループ無人機システム技術セクション セクションリーダ)
・災害対応ロボット向け通信システム等の検討
竹内芳明(総務省総合通信基盤局 電波部電波政策課長)

15:30 休憩 (10分)

15:40 <第2部> 軍事用無人機の研究開発動向 

・防衛省における無人機研究の取組み 
野間俊人(防衛省経理装備局技術計画官) 
・諸外国の軍事用ロボットの概要
岩永正男((一財)防衛技術協会 防衛用ロボット研究部会長) 

16:40 休憩(10分)

16:50 <第3部>軍事用無人機の国際的な制度と規範形成のトレンド 
・イントロダクション:軍事用無人機をめぐる諸問題
福田 毅(国立国会図書館 調査員)
・UNROCA、ワッセナー・アレンジメント、オタワ・オスロ条約からATTへ:近年の国際規範形成の経緯と背景
夏木 碧((特非)オックスファム・ジャパン ポリシー・オフィサー) 
・致死性自律型ロボットの国際法規制に関する新動向
岩本誠吾(京都産業大学法学部 教授) 

17:50 質疑 
18:30 終了               



posted by カーサ at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | モビリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

マス出づる国

(つづき)
ヘンリー・フォードが大衆車「T型フォード」を発売して100年、松下幸之助が商標にNationalを使用してから80年、
インドのタタ・モーターズの国民車「NANO」の登場は、いまだ「マス」の勢いがある国を象徴する出来事なのかもしれません。

「NANO」は、価格10万ルピー(約28万円)、4ドア、5人乗りで、624ccのエンジンを搭載。基本モデルにはエアコン、パワーウインドー、パワステはなく、ワイパーもひとつ。

安全基準や排出規制が厳しい先進諸国でNANOがそのまま販売されることはないでしょうが、今後、中国やロシア、ブラジル、東欧など、いまだ「マス」の勢いがある国では急速にNANOのような超低価格国民車が普及し、いずれ世界シェアを獲る日がくる気がします。
(つづく)

参考 : AFP (2008.1.10)
posted by カーサ at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | モビリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

The People’s Car

松下の「National」が消えた日、「The People’s Car」と銘打たれたクルマが、ニューデリー・モーターショーで発表されました。
そのクルマの名前は、「NANO」。
インドの自動車メーカー、タタ・モーターズが10万ルピー(約29万円)の超低価格での販売を計画しています。
インドで圧倒的なシェアのスズキの車が60万円台ですので、相当なインパクトです。

以前、スリランカを旅したとき、「TATA」と大きなロゴをつけたトラックやバスがたくさん走っていたのを「TOTO」のパクリかと思った程度の自動車メーカーが、今や、超低価格の「国民車」で世界の耳目を集める一方、
旧宗主国の高級車で米フォード傘下のジャガーとランドローバーの買収交渉を進めるまでになっています。
(つづく)

※タタ・モーターズはインド最大のコングロマリット「タタ」の企業のひとつ。
タタは、鉄鋼、電力、金融、不動産、自動車、通信、IT、小売など98の会社を経営し、従業員はグループ全体で約29万人、連結売上高288億ドルの巨大企業グループ。
posted by カーサ at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | モビリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月02日

私のフェラーリ

(つづく)
東京モーターショーの国産メーカーのブースでは、派手なショーステージが1日何回も繰り返され、大勢の来場者を楽しませています。

対象的なのはフェラーリ、マセラッティなどの高級車メーカーのブース

45cm高のステージ上に3台のフェラーリが置いてあります。
一般来場者は遠巻きにそれらの車を眺めるだけですが、顧客やお得意様、特に見込み客は個別にステージ上に案内され、間近でフェラーリを見ることができます。

見込み客は神妙な面持ちでフェラーリのハンドルを握ったり、インテリアの感触や計器類を確かめたり、スタッフの説明も上の空といった様子。
フェラーリのドアが開き、インテリア内部が見られるようになると多くのカメラのフラッシュがたかれます。
見込み客からすれば、大勢の観客のあこがれの視線を全身に浴び、まるで映画俳優になったような心持でしょう。自分ひとりだけが「私のフェラーリ」と対面できる。大変な優越感でしょう。

注目を浴び、優越感に浸り、高揚して頭の中が真っ白になった見込み客は、ただただフェラーリが欲しい、自分だけのものにしたいと思うに違いありません。

フェラーリ、マセラッティの日本総代理店であり、ロールス・ロイス、ベントレーの正規代理店のコーンズは、エンターテイメント性を強める東京モーターショーにあっても、高級車を売るための自分たちのスタイルを貫き、実利を挙げることを忘れていません。

いつか、富裕層向けロボットが発売される際には、見習うべき点が多いことでしょう。

参考 : ロボットとCRM (06.1.15)
プレミアムロボット (06.1.18)
posted by カーサ at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | モビリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月29日

情熱とストーリー

(つづく)
光岡自動車の「オロチ」が市販されると発表されました。

コンセプトモデルが発表されてからだいぶたって、ようやく販売にこぎつけました。
今どきのデザインではないので個人的にはどうなのかなとも思いますが、似たようなカタチの車が多くなってきた中で異彩を放っています。

また、日産自動車からは「GT-R」が発表されました。
社長自ら「日産のもてる技術と技能を極限まで引き出し、結集させた21世紀のマルチ・パフォーマンス・スーパーカー」と紹介していますが、石油価格が高騰し、これだけ環境対策が叫ばれている中、時代に逆境するハイパワー&ハイスペックを売りにしており、この車も個人的にはどうなのかなと思いますが、
両者に共通するのは、俺たちはこういう車を作りたいんだという作り手の「情熱」と、ユーザーと共に車を育んできたという「ストーリー」を前面に押し出していること。

環境、デザイン、低価格、ロボット化が当たり前になってきているクルマ業界にあって、「情熱」と「ストーリー」は、他車との差別化としての付加価値のひとつにはなりそうです。
(つづく)
posted by カーサ at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | モビリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

永く愛されるロボット

トヨタの新型カローラが発売されました。
1966年の初代から数えて10代目だそうです。

とはいえ大衆車のカローラにこれまで興味を持ったことは一度もありませんでした。
乗っていて楽しいクルマとも思えません。

でも誕生から40年、ずっと車名別販売台数のトップを競い、累計生産台数3600万台、月販目標台数12000台というのは、本当にすごいなぁと思います。

新型カローラにはリヤビューカメラやレーダークルーズコントロール、インテリジェントパーキングアシストなど高級車に負けない最新技術が装備されています。
また環境に優しい新型のエンジンも開発したそうです。

デザインにすぐれ、個性あるロボットの開発も必要ですが、
多くのユーザに愛され、時代と共に歩み続けられるロボットもまた、大切ですね。
posted by カーサ at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | モビリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

モビリティ・デバイト 

僕が住んでいるマンションは、居住者全員分の駐車スペースがないため、「空き」が出るまで、長い順番待ちをするものでした。

ところが2年ほど前から「空き」が出ても、申し込みのない状態が続いています。
原因は、居住者の高年齢化と経済的理由から。

それと、クルマを持つことに必要性を感じない人が増えてきたことも大きな要因かもしれません。

僕の愛車も最近では、荷物を運ぶ道具に成り下がっており、その割に維持費がかかることを考えると、今後もクルマを所有し続けるかどうか。

ただクルマがなくなってしまうと生活の幅が限られてしまうので
(これをモビリティ・デバイトというそうです。車を運転できる人と出来ない人の間に生じる『移動機会の格差』)、
やはり移動体はほしい。

屋内から屋外へ、人の行けるところはどこでも行ける「パーソナルモビリティ」の登場は楽しみですが、まだまだ先の話だしなぁ。

現実的なチョイスとしては、最近増えてきたカーシェアリングかな。

エネルギー、地球環境、安全対策、インテリジェント化、軽自動車やハイブリッド車へのシフト、販売競争、業界再々編・・・

車を巡る課題は世界規模で、しかも同時に進行するだけに、技術屋さんの悩みは、ますます深くなりそうです。

参考項目 : 生まれてから120年もすると (5/29)


posted by カーサ at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | モビリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月24日

御料ロボット

最初の天皇の御料車「ダイムラーリムジン」が導入されたのは、1912年。
自動車が発明されてから26年後のことでした。

その後、ロールスロイス(1920〜1931)、メルセデス・ベンツ「グローサー」(1931〜1969)と続き、現在の「ニッサンプリンスロイヤル」(1967〜2006)にいたっています。

宮内庁によると、昨年の御料車の使用実績は50回。
ということは週にほぼ1度の使用頻度で40年使われ続けたことになります。

もちろん所有する5台の御料車を使い分け、最高の技術スタッフがメンテナンスを行い、ムチャな運転走行や風雪にさらされることもなかったとはいえ、40年間現役というのは、やはり驚きです。

とはいえ、「車両本体の老朽化、部品補充が困難となってきたこと等からその維持が限界に近づいており、運行に支障を来すおそれがあるため」、後継車として、トヨタ自動車の「センチュリーロイヤル」の導入を決めました。

「センチュリーロイヤル」は8人乗りのリムジンで、車内に天然素材をふんだんに使い、低燃費、低公害車ということです。
8月の全国戦没者追悼式でデビューし、その後3〜4年をかけて、計4台が納入されるとのこと。

次の御料車が決まる頃までに、
「御料ロボット」というのは実現しているでしょうか。
そして、それは一体どんなロボットなのでしょう。

天皇が使われるロボットのイメージが、ぜんぜん思い浮かびません・・・

参考ブログ
posted by カーサ at 13:57| Comment(0) | TrackBack(2) | モビリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月16日

HYUNDAI MONDAI

「ヒュンダイ」(現代・起亜自動車グループ)の車といっても、国内で走っている姿をほとんど見かけたこともないし※、そのスタイリングもなんだかなぁという感じで、これまで気に留めることもありませんでした。

ところが、2005年のヒュンダイの世界販売数は、355万台。
これはホンダに次ぐ世界第7位で、2010年までに650万台、世界第4位になる目標を掲げています。

また先日、J.D.パワーが発表した「2006年米国自動車初期品質調査」では、
高級車ブランドでポルシェ、レクサスに次いで第3位。
大衆車ブランドではなんとトヨタを抜いて、トップ。

デザイン、先進技術、環境・安全対策、価格面、そのどれをとっても、
特徴のなさそうなヒュンダイの車。
なのに何故?

国内だけを見ていては、理解できないことが、着実に進行しているようです。
<つづく>

※2005年の国内販売台数は2295台。
 
posted by カーサ at 21:46| Comment(0) | TrackBack(1) | モビリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

生まれてから120年もすると

M・シューマッハの17台抜きもすごかった今年のモナコGP。
市街地走行はやはり観ていて楽しいですね。

自動車流通研究所による調査によると、車を単なる移動手段と考えている人の比率は44%。
運転自体を楽しむFun to driveの割合は14%にしかすぎません。

その要因として、都市部への人口回帰や消費者のインドア志向化、女性の運転免許保有率の向上によるスーパーで物を買うのと同じ購入感覚などを挙げています。
車が誕生して120年。
車の家電化」が着実に進んでいるようです。

税金やガソリン代などのランニングコストを考えれば、安全面や居住性が向上した「軽」で十分、と思うのも当然かもしれません。
<つづく>






posted by カーサ at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | モビリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。